太ももには脂肪吸引がベスト|美脚への第一歩

女の人

痛くないシミ治療

最新の美容医療「フォトフェイシャル」が東京の美容系クリニックでは受けられます。シミ改善に有効な美容医療です。一時的にシミが濃くなったように見えますが、1か月置きに3回から5回程度施術を繰り返す事で、シミを改善する効果が期待出来ます。

美しいシルエットになる

脚

太ももは足を閉じた状態でも股間下の部分に隙間が出来るくらいが美しいシルエットになります。セルライトも目立ちやすい部位です。運動することでやせようとするとムキムキの足になってしまうこともあります。足をキレイに細くしたいのなら、脂肪吸引が効果的です。太ももの脂肪吸引では、取り除いた脂肪の分だけ確実に足が細くなりますが、もともと筋肉質の人ではあまり効果がないかもしれません。また、意外なことに体脂肪率が30%以上の太っている人も効果が出にくいです。なぜなら、それだけの体重を支える分だけ足の筋肉も発達しているからです。もちろん、脂肪を取った分だけ細くはなりますが、希望するような細さにならないことも考慮に入れておかなければなりません。

太ももの脂肪吸引の術後1週間は痛みが残ります。内出血により皮膚が青色または紫色になります。この期間はタイツなどで圧迫して腫れるのを防ぎます。きれいな仕上がりのためにも、圧迫タイツは欠かさずに着用します。脂肪吸引後の太ももはむくみやすい状態になっているので、マッサージやストレッチでむくみを解消します。きちんと行うことで早く皮膚が柔らかくなります。足の太さは体重に比例するので、手術して細くなっても再び元の太さに戻らないように体重をコントロールすることが大切です。脂肪吸引で太ももが細くなる分、皮膚にたるみが出る場合があります。もともとたるんでいる人はひどくなる可能性があるので、きちんと医師と相談しておくことが大切です。

ウーマン

アンチエイジングが可能

サーマクールはレーザーよりも威力のある光を照射してたるみを改善することができます。翌日には肌にハリが出るでしょう。けれども、たるみ改善までは2か月くらいは必要でしょう。ある程度日数が必要なことを知った上で受けてください。

レディー

たるみを奥から改善する

ウルセラは美容整形のたるみ治療です。特性ですが、超音波を使うため肌を傷つけず、奥の筋膜から引き上げる事ができます。たるみ改善のため、毎日マッサージをしているのであれば、考え方を変えてみましょう。マッサージでは、奥の筋膜までアプローチは難しいのです。ウルセラであれば、1回の施術で効果を実感できます。